疲れを取る食べ物とは?

疲れをとる食べ物はいろいろあります。
代表的なのは「甘いもの」
その他には「酢」「ニンニク」「梅干」「うなぎ」「豚肉」など、いろいろ疲れにいいという食べ物はいっぱいあります。

でもその前に、自分は「なぜ疲れてるんだろう」ということを考える必要があります。

体を使いすぎて疲れてるのか
体を使わなさ過ぎて疲れているのか
神経が疲れているのか
栄養が足りなくて疲れているのか
寝不足で疲れているのか

疲れの種類によって疲れを取る食べ物も変わって当然です。
食べてみて「効き目ないな〜」と感じたら、食べるものが違うのです。
ピッタリ合うとわかるのです。

私も昔、「トンカツ」食べて元気になったことがあります。
ちょっとビックリでした。

疲労は基本的には体の中に疲労物質がたまっておこります。
ですから、単純にそれを取り除けば疲労は軽減するわけです。
体の中の疲労物質を除去するのに必要な物質は、基本的にビタミンB2とクエン酸です。

豚肉にはB2が含まれているので、それが効いたのかもしれませんね。

B2が多く含まれている食べ物は、豚肉の他にもうなぎ、のり、レバー、チーズ、卵、納豆、アーモンドなど。

クエン酸が多く含まれている食べ物はお酢、梅干、グレープフルーツやミカン、レモンなどのかんきつ類、いちごなどです。

この当たりの食べ物を組み合わせて食べてみてはいかがでしょう?

疲労回復効果のある栄養補助食品で摂るとすれば、 ローヤルゼリー ニンニク卵黄 高麗人参茶などがいいですね。

時間がたつとじんわり効いてくる感じです。

ドリンク剤みたいな即効性はありませんので、「疲れにくい体作り」を目的にお試しください。


※ 「疲れ」についてもっと知りたい方>>詳細

>>正しい食事とは

正しい食事で健康を手に入れるホームページTOPへ

体に良い食べ物とは?
疲れを取る食べ物とは?
正しい食べ方を学ぼう
 ・正しい食事とは?
 ・食べすぎないこと
 ・体質に合った食べ物
 ・体質の分け方
代表的な健康法
 マクロビオテック
 1日2食
 インテグラシー
 病気にならない生き方より
 血液型ダイエット
正しい食事をするために
 添加物を避ける
 農薬を避ける
 間食を避ける
 食材を選ぶ
 調理器具にこだわる