正しい食事とは?

「正しい食事」とは「体に良い食事」のこと。
動物には「草食」や「肉食」があるように、人間だって「雑食」であるとはいえ、好きなときに好きなものを好きなだけ食べていいとは限りません。
神様が人間をお創りになったとき、「人間はこのように生きる存在」として目的があったはず。
食べ物だって、食べていいものと良くないものがあるに違いありません。

では、人間が幸せに健康に生きるための本来の食事はいったいどんなものなのでしょうか?

昔から「食」に関してはさまざまな研究がなされてきました。
日本において代表的なものは明治時代の医師、石塚左玄から始まり、その弟子桜沢如一によって広められた「正食」(マクロビオテック)、また甲田光雄博士による「玄米菜食」と「少食」を中心とする健康法、最近ではイギリスの自然物理療法をとりいれた石川善光氏による「インテグラシー」などがあります。

正しい食事を続ければ、病気にかかりにくくなり、毎日が快調になり、肌もいきいきとしてきます。
無理にダイエットなどしなくても、自然に普通の体型を維持することもできます。

では、どうやったら正しく食事ができるのか学んでいきましょう。

>>食べ過ぎないこと

正しい食事で健康を手に入れるホームページTOPへ

体に良い食べ物とは?
疲れを取る食べ物とは?
正しい食べ方を学ぼう
 ・正しい食事とは?
 ・食べすぎないこと
 ・体質に合った食べ物
 ・体質の分け方
代表的な健康法
 マクロビオテック
 1日2食
 インテグラシー
 病気にならない生き方より
 血液型ダイエット
正しい食事をするために
 添加物を避ける
 農薬を避ける
 間食を避ける
 食材を選ぶ
 調理器具にこだわる