体に良い食べ物とは?

体に良い食べ物とは「体に合った食べ物のこと」
新鮮な野菜が体にいいといっても、時と場合によっては毒になることもあります。

たとえばスイカ。

夏の暑い時期に食べると体の熱を冷まし、体をうるおして余分な水分を排出するGOODな食べ物。

でも、冷房の効いた部屋で食べたり、季節はずれの時期に食べたり、お腹の調子の悪い時に食べたりしたらどうでしょう?

考えただけでどうなるかわかりますよね。

TVや雑誌で宣伝する健康食品。
これだって全ての人に効果があるかどうかわかりません。
若い人にはよく効いても、お年寄りには効果が今一歩だったり、自分には効いても他の友人には効かない・・・なんてことがあるはずです。

つまり体に良い食べ物とは、今の自分の体が欲している食べ物のこと。
一般的にどうだとかいうものではなくて、今の自分に必要なものなのです。

そのためには「体の声」をよーく聞かなくてはいけません。
「おいしいから食べたいのか」
「体に足りないから食べたいのか」

そのためにはやっぱり「知識」が必要です。
体のために勉強いたしましょう!

>>疲れを取る食べ物とは

正しい食事で健康を手に入れるホームページTOPへ

体に良い食べ物とは?
疲れを取る食べ物とは?
正しい食べ方を学ぼう
 ・正しい食事とは?
 ・食べすぎないこと
 ・体質に合った食べ物
 ・体質の分け方
代表的な健康法
 マクロビオテック
 1日2食
 インテグラシー
 病気にならない生き方より
 血液型ダイエット
正しい食事をするために
 添加物を避ける
 農薬を避ける
 間食を避ける
 食材を選ぶ
 調理器具にこだわる