間食を避ける

一番難しい問題かもしれません。この「間食を避ける」ってことは。
いくら「体に悪い」といわれても、「食べた分は全部脂肪になる」っていわれても、目の前にあるとどうしても食べたくなってしまうんですよね。

でも今、私はかなり間食が減っています。
そんなに努力してるわけでもありません。
ただ、食事の内容を野菜中心に置き換えているだけ。

でも、そうするだけで不思議と体に悪いものが食べたくなくなってくるんです。
今は「おせんべい」や「まんじゅう」あたりは食べれるけど、チョコレートやクッキー、ケーキ、アイスの類は卒業ですね。
1個くらいつまんでみるけど、以前ほどおいしいとは感じません。

「まんじゅう」も和菓子屋さんで作ったものはおいしく食べられるけど、スーパーに売ってる5個で200円くらいの工場で作ったものを食べると胃がもたれます。たぶん添加物に反応しているのでしょう。
だから、「それを食べるくらいなら、りんごでもかじっておこう」って思います。

体が「毒物」に対して敏感になってきてるんですね、きっと。

そういえば昔名張で起こった「毒ぶどう酒事件」、たくさんの方が亡くなられましたけど、同じように毒ぶどう酒を口にしても助かった方もいたのです。
口に入れたとたん「変な味がして吐き出した」そうです。その方は普段から玄米を食べていたそうですが、もしかすると味覚が敏感になっていたのかもしれませんね。


段階的にチャレンジするといいかも☆

 ・添加物のより少ないものを選ぶ
    普通の菓子パンよりお店で焼いた酵母パン
 ・洋風の菓子より和風の菓子
    ケーキよりはまんじゅう、クッキーよりおせんべい
 ・お菓子より新鮮な果物
    お腹がすいたらみかんやバナナ♪
    果物は消化がよく、腸をきれいにします。
 ・固形物より液体で
    新鮮な野菜ジュース(手作りがGOOD)やお茶、お水。

「食べちゃダメ」って思うとますます食べたくなるものです。
質のいいものを味わっていただきましょう。
本物の味がわかってくると、「粗悪品」が食べられなくなってきますよ!試してみて☆

正しい食事で健康を手に入れるホームページTOPへ

体に良い食べ物とは?
疲れを取る食べ物とは?
正しい食べ方を学ぼう
 ・正しい食事とは?
 ・食べすぎないこと
 ・体質に合った食べ物
 ・体質の分け方
代表的な健康法
 マクロビオテック
 1日2食
 インテグラシー
 病気にならない生き方より
 血液型ダイエット
正しい食事をするために
 添加物を避ける
 農薬を避ける
 間食を避ける
 食材を選ぶ
 調理器具にこだわる