「病気にならない生き方」より

2005年に発行されて今やロングセラーとなっている新谷弘美先生病気にならない生き方 、もう読まれましたか?
先日TVに出演されてましたが、70代というお年にもかかわらず、まるで40、50代のような肌の張りとツヤには、本当に説得力がありました。

新谷先生の健康に対する考え方の基本は「いかに体内の酵素(ミラクル・エンザイム)を消耗させない生活をするか」ということ。
私達がこうして息をしたり体を動かしたり考えたりできるのは、全て酵素の働きのおかげです。
その酵素が体内に豊富であれば、病気にならず健康な状態でいられます。
逆に食べ過ぎやお酒の飲みすぎ、喫煙、ストレスなどで酵素を大量に消費してしまう生活習慣を続けると病気になってしまうというのです。

いつも酵素が体内に豊富にあり、かつ消耗しないような生き方・・・それが「病気にならない生き方」なのです。


新谷食事健康法のポイントです。
 ・植物食と動物食のバランスは9:1
 ・穀物50%、野菜・果物40%、動物食10%
 ・穀物は無精製のものを
 ・動物食は人間より体温の低いものを(魚など)
 ・食物は精製していないフレッシュなものを、なるべく自然な形で
 ・牛乳・乳製品はできるだけとらない
 ・マーガリンや揚げ物は避ける
 ・よくかんで小食を心がける


これらひとつひとつの理由が著書には詳しく書かれています。
もともと新谷先生は胃腸を専門に診るお医者様。これまで30万人以上の胃腸を検査してこられました。
多くの人たちの胃や腸をみていく中で、健康な人は胃腸が美しく、不健康な人は例外なく胃腸が美しくない。なぜそうなのか・・・
そこで患者さんたちに食べ物と生活習慣に関するアンケートを行なったそうです。
そんな多くの実例を通して考え出された健康法がこの「病気にならない生き方」であるともいえます。

より多くの人たちに実践してもらえるようにと続編 も多く出版されています。
一度お読みになることをおすすめいたします。

正しい食事で健康を手に入れるホームページTOPへ

体に良い食べ物とは?
疲れを取る食べ物とは?
正しい食べ方を学ぼう
 ・正しい食事とは?
 ・食べすぎないこと
 ・体質に合った食べ物
 ・体質の分け方
代表的な健康法
 マクロビオテック
 1日2食
 インテグラシー
 病気にならない生き方より
 血液型ダイエット
正しい食事をするために
 添加物を避ける
 農薬を避ける
 間食を避ける
 食材を選ぶ
 調理器具にこだわる

>>血液型ダイエット